ホーム > KOF/The King of Fighters > 【100メガ石油ショック】 サウジアラビア企業、SNKを買収か!? 皇太子が関わっている憶測も!

【100メガ石油ショック】 サウジアラビア企業、SNKを買収か!? 皇太子が関わっている憶測も!

100メガショックだったSNKが今度はすごい石油ショックか。

去年5月に韓国取引所KOSDAQに上場したばかりのSNKが、今度はサウジアラビアのゲーム会社・ELECTRONIC GAMING DEVELOPMENT COMPANY (EGDC)に筆頭株主として買収されるという記事が同韓国メディア・BLOTERに掲載され早くも各方面で話題を呼んでいる。SNKの公示という話のため、事実なら近日中に更なる詳細が判明するかもしれない。

EGDCはサウジアラビアの皇太子、ムハンマド・ビン・サルマンが100%株所有している会社との事。契約が執行された場合EGDCは計701万3579株(33.3%)を確保しSNKの最大株主となる模様。

同買収は皇太子の脱・石油計画、「Saudi Vision 2030」の一環として遂行されるのではないかと憶測が広がっている。「Saudi Vision 2030」とはサウジアラビアの経済、健康、教育、インフラ、エンタメ、観光など様々なセクタを成長させ、多様化することで今までの石油依存経済から国を移行するための戦略的フレームワーク。




以下、BLOTERの翻訳記事 (Google翻訳。原文はこちら

サウジアラビアの「モハメド・ビン・サルマン・ビン・アブドゥル・アジズ・アル – サウド「皇太子が「キング・オブ・ファイターズ(KOF)」開発会社SNKを買収する。 SNK引数は約2100億ウォンに達し、来年1月にすべての買収手続きが完了する予定である。

SNK買収した「オイルマネー」の正体は?

26日SNKは、サウジアラビアのゲームである「エレクトロニックゲーミングディベロップメント・カンパニー(EGDC)」と、筆頭株主の変更を伴う株式譲渡契約を締結したと公示した。これにより、EGDCが買い付けるSNK株式は606万5798主正も代金のみ2073億4572万ウォンに達する。関連譲渡契約には、現在の2大株主である中国パーフェクトワールド社の株式94万7781主導含まれる予定だ。

(写真= SNK KOFページセーブ)

2000億ウォン台の契約を成功させた大富豪は、サウジアラビアの「モハメド・ビン・サルマン・ビン・アブドゥル・アジズ・アル – サウド」皇太子であることが明らかになった。 SNKを買収するEGDCの最大株主は「モハメド・ビン・サルマン・ビン・アブドゥル・アジズ・アル – サウド財団」に株式100%を保有している。

SNKは、契約が行われる場合、来年1月12日、筆頭株主が変更されると説明した。現在SNKの株式構成をみると、アジアの各地域の企業が株式を分けている。

去る25日基準最大株主は698万4700株(33.16%)を保有している、香港の「注:この角」である。続いて、中国の大型ゲーム捕らえよく知られている「パーフェクトワールド」が384万株(18.23%)で2大株主に位置している。香港の「ローゼン」も133万3099株(6.33%)を保有している状態だ。 EGDCが来年1月12日2073億4572万ウォンを支給すると、香港ジュイ角が付いている606万5798株を取得することになる。

(写真= SNK、表=ままソンオ記者)

以後3ヶ月後に取引当事者間で合意した前提条件が成就されると、EGDCは公開買い付けを通じてSNKの自社株372万7939主導取得することができる。注:このカクとパーフェクトワールドは公開買い付け進行時、残りの残りの株式の中で申込が可能な但し書きが残った。

関連する契約がすべて終了した場合EGDCは合計701万3579株(33.3%)を確保して、最大株主となる。注:このカクとパーフェクトワールドも公開買い付けを通じて株式申込機会を残して置いたが、EGDCの条件履行するかどうかに依存してしまうので、事実上株式取得を保証することはできないのが実情である。

ゲームに興味示したサウジアラビアの皇太子

業界によると、今回のSNK買収合戦は、水の下で静かに進行されたことが分かった。 SNKの場合、日本に位置しているが、韓国コスダックに上場されたゲーム企業であり、大株主は、香港と中国の企業で構成され状況である。サウジアラビア皇太子のオイルマネーをもとに、引数が行われただけ今後の経営権や事業施設の変化も急速に推進される可能性が高まった。

特にゲーム業界では、異例の大規模なオイルマネーが投入されるようにSNKの体質変化にも注目している。単に比較は難しいが、去る2008年「マンスール(本名:シェイク・マンスールビンザーイドアルナヤン)」は、莫大な財力をもとにイングランド・プレミアリーグに所属する「マンチェスター・シティ」を買収し、世界を驚かせた。引数後も10年間で2兆ウォンに近い金額を投資して、チームをグローバル名門球団に変貌した前歴がある。

SNKのライセンス事業展開と収益の割合。 (写真= SNK四半期報告書セーブ)

SNKも、大規模な資金が投入される場合、事業的な側面で大々的な改編を模索することができる。第3四半期基準SNK売上比率を見ると、IPライセンスが55.7%と最も高い割合を占めた。コンソールとPCゲームが23.6%で後に続き、モバイルゲームの比重は19.4%にとどまった。

現在SNKは「KOF」、「サムライスピリッツ」、「メタルスラッグ」、「餓狼伝説」、「龍虎の拳」、「ビーストバスターズ」、「月火のおかげで」、「デイズ・オブ・メモリーズ」など、さまざまなIPを介して韓国、香港、中国、日本などアジア地域と北米などグローバル市場を攻略している。大規模な資金が投入されると、独自に開発し作や興行のIPアドレスを受注して企業の成長動力を確保する可能性が高い。 IPライセンスの依存度を下げているだけにオイルマネーの流入は、SNKの好材料として作用する見通しだ。

ゲーム業界は、引数主体で出た、サウジアラビア皇太子の影響も注目している。モハメド・ビン・サルマンサウジ皇太子は「ビジョン2030」の戦略を使用して、サウジアラビアの産業を革新するという戦略を公然と明らかにした。昨年は韓国に訪問してムン・ジェイン大統領と話をしながら構造的な変化を強調した。サウジアラビアの国営石油会社アラムコを運営しているモハメド・ビン・サルマン皇太子は、石油で稼いだ莫大な財力と次期王位継承が有力な人物として知られている。

モハメド・ビン・サルマン、サウジアラビア皇太子。 (ビジョン2030のホームページセーブ)

モハメド・ビン・サルマン皇太子が持分100%子会社を通じてSNKを運営する場合、経営権も変化の風が吹く可能性が高い。現在の最大の株主である香港のジュイ角は行く指揮SNK代表が株式の100%を所有した会社だ。株式譲渡契約が締結されると、ジュイ角の持分が大幅に低くなるために行く指揮代表の経営権防御に力を載せないという観測が支配的だ。 26日付で富山光一代表の任期が満了して行く指揮会長が代表に復帰しただけ来年から行われているSNK事業と運営の変数は、「オイルマネー」になる可能性が濃厚である。

もしサウジアラビアがゲーム産業を積極的に育成するために、ゲーム会社を買収するのであれば、SNKのほか、別のゲーム会社を注意深く見る可能性もある。

ゲーム業界の関係者は、「中東のゲーム市場は、アジアの中でも比較的小さな規模に属するが成長や可能性の面で高い需要層を確保した市場」とし「サウジアラビアの皇太子が主導してゲーム会社を買収するくらいなら、今後、関連業界の大規模な投資が実施される可能性も排除できない」と述べた。

カテゴリー:KOF/The King of Fighters
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。