アーカイブ

Archive for 6月 29, 2011

KOF XIII: SNKプレイモア&アトラス 独占インタビュー(Orochinagi.com)

6月 29, 2011 コメントを残す

SNKプレイモアのKOFXIII・山口プロデューサーを含んだ、AtlusUSAの2社インタビューが最老舗KOFサイトOrochinagi.comにアップ。主にネットコード関連の内容となっている。以下翻訳-

Alan Francois (“英国のKOF教師” Gunsmith、Orochinagi.com管理者。以下Orochinagi.com): E3はいかがでしたか?KOFXIIIは会場で注目されましたでしょうか?

Aram Jabbari (米アトラス・広報マネージャー、以下Aram):  E3はアトラスにとって最高のショウでした。終始ブースへひっきりなしに客様が訪問してくださいました。KOFXIIIの発表に結構皆様が驚いていた事は嬉しかったです。一般用のプレイアブル出展はしていなかったのですが、常にXIIIのファンの方々が訪れてくださり、いかに家庭用が期待されている事か感じました。本当にありがたいことです。

Kei Yamamoto (SNKプレイモア社・KOFXIIIプロデューサーの山本氏、以下山本): E3以降の皆様の反応を大変興味深くフォローさせて頂いています。ファンの皆様の間で興奮が高まっているのを見ますとシリーズを続けてよかったと感じます。そして同時に、皆様の予想を越える家庭用KOFXIIIを出す事が使命だと感じています。

Orochinagi.com:  XIIIのネットコードはXIIの物がベースでまだ開発の初期段階だと(E3で)報道されていました。しかしそれ(E3より)以前、SNKPlaymoreは既にXIIIのネットコードには自信があって、他社のタイトルより優れていると感じているとの話も出回っていました。実際のところ、現状はどうなっているのか明快にしていただけますか?

Aram: (E3報道に関して)あれには少し誤解がありました。実際のところ(E3では)オンラインモードは見せていませんでしたし、あの時本当に言いたかったのは、開発チームはKOFXIIでかなり色々学び、その知識がXIIIのネットコードのの基礎になっているという事だったのです。以前のXIIと同じネットコードを基礎にしているのではありません。でもありがたい事にその誤報の結果、いかにコミュニティーの皆様がオンラインに関して真剣なのかを知ることができましたし、私達もオンラインが大事だと共感しています。

山本: オンラインプレイの改良こそが家庭用KOFXIIIを作る際の、私達の一番の課題となっています。私達が新しいネットコードを開発するにあたって、KOFXIIの時に頂いた数々のコメントはとても掛け替えのない物となりました。安定した、質の高いオンラインプレイは私達にとって最重要課題です。ネットコードをできる限り最高な物とすべく、毎日頑張っています。

Orochinagi.com: アトラス側はプログラミングやコンテンツ内容について影響力を持っていますか?

Aram: 家庭用KOFXIIIに関して私達はSNKPlaymoreと密接に関わっています。アトラス内でプログラミングは行われていませんが、調整や改良、そしてオンラインの最適化には関わっていきます。

Orochinagi.com: GGPOはご存知ですか?

Aram: 無論GGPOのSDKはちゃんと(存在を)知っています。そしてコミュニティーの皆様に強調させていただきいのですが、SNKPlaymoreもアトラスもレイテンシ処理の改善にはかなり力を入れていれており、特にKOFXIIにおけたような、格闘ゲームのオンラインでの同期問題や安定性の問題には取り組んでいます。

山本:アトラスと全く同意です。先ほども言いましたように、安定した、高品質なオンラインプレイこそがKOFXIIIでの重要な要素です。前作より改善されている事を約束します。

Orochinagi.com:英語音声はありますか?

山本:日本語のみとなります。その方がプレイヤーの方々によりよいKOFXIIIを味わっていただけると思っての判断です。

Orochinagi.com: テキストに関しては、日本語以外の言語に翻訳されますか?

山本: 出来る限りのプレイヤーの皆様に元のアーケード版の会話と家庭用の新しいストーリーモードを楽しんで頂きたいので、テキストは英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、中国語、そして韓国語となります。

Orochinagi.com: 両社の関係がどのようにはじまったのかを教えていただけますか?どちらがどちらに声をかけたのです?

Aram:アトラスは以前よりSNKPlaymoreと良い関係にありました。そして弊社のスタッフにはJames Kurokiなど、長年KOFのコミュニティーに携わっていた人間もいます。私達は、あの伝説的なKOFシリーズの作品を世に送れる機会に恵まれ、また、問題的だった前作からシリーズへの信用と信頼を取り戻す機会に巡り合えたという事に気付き、その挑戦に興奮しました。KOFXIIIを長い間遊んだところ、これは特別な何かだと私達は気付いたのです。

山本:私達はアトラスととても良い関係にあります。古いところでは餓狼伝説(SNES)、そして最近ではメタルスラッグXX(PSP)などでです。アトラスはファンを大事にする会社として、そしてロングランのシリーズを今までに何度も出している経験のある会社として、私達のように知られています。また、スタッフの方々の多くが私達のタイトルをよく知っています。アトラスがKOFXIIIで私達の北アメリカのパートナーとしてついている事を幸いに思います。

Orochinagi.com: ヨーロッパでのリリースは予定されていますか?

山本:ヨーロッパのリリースに関するアナウンスは近々行われます。

Orochinagi.com: 最後に一言お願いします。

山本: 安定した高品質なオンラインプレイや充実したゲームモードなど、PS3とXbox360用のKOFXIIIはシリーズのファンと格闘ゲームファンの方々にとって究極のゲームとなるでしょう。深みのある洗練されたシステムで最高の対戦を楽しんでください。更なる情報をまた後日に明かさせて頂きます。どうぞこのホリデーシーズンのリリースに期待してください!


注1) Orochinagi.com管理者 : 大学教員ながら教室で放課後には生徒達にKOFを教えている程のマニア。イギリスのKOF大会にはほぼ全て関わっている。ウメハラに『I LOVE SHERMIE』と書かれたサインを持たせた記念撮影はKOF英語圏で話題になった。「当然さ、英国紳士としてはね」 (インタビューはこちら


リンク:
http://orochinagi.com/2011/06/interview-with-atlus-and-snkp

KOF XIII: 家庭用は10/27発売、ビリー参戦決定-予約特典はDLCキャラ

6月 29, 2011 コメントを残す

情報更新:
10/27発売、定価7,140円。ビリー・カーンが家庭用追加キャラの一人として参戦決定。見た目、餓狼伝説1時代のツナギファッションで、ちゃんとハゲ。予約特典はダウンロードキャラクター(詳細不明)。

なお、KOFXIIIに関して他の最新情報はトップページからご覧下さい。

今週のフラゲ情報によるところ、日本国内でのKOFXIII発売は10/27に決定し、ビリーが追加キャラとして加わるようです。XIIの頃からデータ解析で名前だけはあがっていたキャラですので、特に不思議ではない選択に感じられますね。明日になれば一般流通日ですし月末ですので、もしかしたら他の雑誌にも何か情報が載るかもしれません。

kamome.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1309298080/507

507 名前:名無しさん必死だな投稿日:2011/06/29(水) 08:09:43.83 ID:hBYp8U4Q0

★3DS「デビルサバイバー オーバークロック」9月1日発売決定
★PS3「ラチェット&クランク オールフォーワン」
・最大4人までのヒーローによるオンライン協力プレイを搭載した新作
・ドクターネファリウスやキャプテンクォークといった
これまで敵役として登場したキャラクターも操作可能に
・2011年ん発売予定
・開発はインソムニアック
★PS3「真・三國無双6 猛将伝」9月29日発売
・レジェンドモード、チャレンジモードを搭載した準新作
・曹操に仕えていた軍師の郭嘉がプレイアブルキャラとして追加、得意武器は打球棍
追加武将は合計3人で、残る2人は今後発表
・「真・三國無双6」と連動しており、セーブデータがあれば
ストーリーモードやクロニクルモードの全ステージを好きな武将で遊ぶことが出来る他、
ストーリーモードのふたり同時プレイも可能に
★PS3/Xbox360「ザ・キング・オブ・ファイターズXIII」10月27日発売
・人気アーケードゲームの最新作が発売日決定
・「KOF2003」以来、8年振りにビリー・カーンが家庭用オリジナルキャラとして登場

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。